FC2ブログ

音楽とかソフトとか

近況です。まんべんなく多忙なのは相変わらずですが、ぼちぼちと過ごしています。

音楽面では、年の初めだったか、YMOの2ndアルバムを聴き返すTV番組を見ました。それ以来YMOのアルバムを久しぶりに取り出して少しずつ聴き返しています。大半は20年近く聴いていなかったので、新鮮です。

自作の打ち込みもぼちぼちです。最近DAWをCakewalk by bandlabに変えてみました。まだ慣れないのですが、以前より機能が増えています。変えた理由はいい加減64bitにしたかったためですが、32bitのVSTも引き続き使えているのがありがたいです。

今打ち込んでいるのは5分半くらいの長さになっています。

スポンサーサイト

PageTop
久々にOREMOを更新しました。一部のコードは昨年3月頃に作ったのですが、色々と間延びしてしまいました。


<主な変更点>

- (追加) ファイルメニューからコメントファイルを読めるようにした。その際setParamのコメントを取り込めるようにした。
- (追加) 音名リストA.txtを読み込むとき、もし同フォルダにコメントファイルA-comment.txtがあればそれを読み込むようにした。

- (追加) フォントサイズを変えられるようにした。

- (追加) 設定変更した内容をoremo-init.tclに自動保存し、次回起動時に自動復元するようにした。
- (追加) 初期化ファイルoremo-init.tclに保存されるパラメータを増やした。

- (追加) 操作キーの割り当てをカスタマイズできるようにした。

- (修正) エラー発生時に適切なエラー窓が表示されない問題を修正した(3箇所)。

以下詳細説明です。


<コメントファイルについて>

以前のバージョンでは、コメントは保存フォルダに「OREMO-comment.txt」というファイル名で保存されていました。本バージョンではそれに加えて「ファイル」→「コメントファイルの読み込み」から任意のコメントファイルを読めるようにしました。

また、収録リストA.txtを読み込む際に、もし同フォルダにコメントファイルA-comment.txtがあればそれを読み込むようにしました。1年位前に頂いたリクエストでしたが、対応が随分と遅くなってしまいました。

また、別のソフトのsetParamにもコメント機能が実装されています。setParamでは、原音設定ファイルotosample.iniへのコメントをotosample-comment.txtというファイル名で保存します。今回のOREMOでは、このsetParamのコメントファイルも読み込めるようにしました。ただし、読み込む際にはotosample-comment.txtとotosample.iniを同じフォルダに置いておく必要があります。

本機能の実装はやや甘く、エラー対策をあまりしていません。うまく読み込めたか確認しておく方が良いかもしれません。

コメントファイルの読み込み(例:setParam形式コメントの場合)


<フォントサイズの変更>

「オプション」→「フォントサイズの設定」で文字サイズを変更できるようにしました。例えば、音名リストの文字を小さくして沢山表示させたい、長いコメントを書きたい、といったカスタマイズが可能です。設定変更は再起動後に有効になります。

こちらもやや実装が甘いところがあり、設定次第では、画面の縦幅に対して音名リストの縦幅が短くなるときがあります。その時はマウスで窓サイズを少し変えてみて下さい。恐らく修正されると思います。

フォントサイズの変更


<設定の自動保存について>

各種設定をoremo-init.tclに自動保存し、次回起動時に自動復元するようにしました。以前のバージョンでは手動保存(「ファイル」→「現在の設定を初期化ファイルに保存」)していたのを自動化しました。なお、今回のバージョンでは保存されるパラメータの種類を増やしました。

自動保存を止めたい場合にはoremo-setting.iniをメモ帳で編集し、autoSaveInitFile=1をautoSaveInitFile=0にして下さい。


<操作キーの割り当てについて>

「オプション」→「ショートカットキーの設定」で、録音開始などの操作キーの割り当てをカスタマイズできるようにしました。設定窓の下部に設定記入例があります。これを参照してカスタマイズして下さい。

なお、各欄に設定できるキー割り当ては一つだけです。2つ以上並べるとエラーになります。また、ここで設定変更をくり返し適用した場合、以前の設定は再起動するまで有効なままです。どうしても2つ割り当てたい場合には2回設定すれば良いことになりますが、あくまでも裏ワザ的な扱いだと思います。

キー割り当てのカスタマイズ

PageTop
息抜きで久しぶりに一曲作りました。



とにかくいろいろと忙しい毎日です。

PageTop
動画を作りました。轟栄一10周年記念コンピレーションアルバム「しるこんぴ」に収録していただいた曲のウェブコンピ版です。よろしければご覧下さい。

【UTAU/轟栄一】 □++


- ウェブコンピ版の動画リスト
- コンピの公式ページ
- CD版

写真素材:
海 https://www.pexels.com/photo/blue-blur-color-dark-932638/
海 https://www.pexels.com/photo/beach-foam-landscape-nature-533923/
船 https://www.pexels.com/photo/boat-island-ocean-sea-218999/
海 https://www.pexels.com/photo/photography-of-ocean-wave-during-golden-hour-735502/
港 https://www.pexels.com/photo/harbor-harbour-lifebelt-port-4653/
船 https://www.pexels.com/photo/sunset-ship-boat-sea-37730/
海 https://www.pexels.com/photo/beach-dawn-dusk-ocean-189349/
海 https://www.pexels.com/photo/sky-sunset-water-ocean-57946/
鳥 https://www.pexels.com/photo/four-brown-pelicans-flying-at-daytime-756017/
鳥 https://www.pexels.com/photo/flock-of-white-birds-photo-during-sunset-784849/
海 https://www.pexels.com/photo/blue-body-of-water-under-clear-blue-sky-26681/

久しぶりに絵を描いてみました。Kritaというフリーのお絵かきソフトを入れてみたのはよいのですが、私にはまだ高度すぎて1つしか作れず、結局残りはgimpで描き、さらに写真素材を利用しました。こういうときに細やかに描ける人がうらやましいです。

CD版の方ではセリさんが挿絵をしっかり描いて下さっています。CD版は中身がかなり充実していて興味深い内容でした。

PageTop
1ヶ月に1度は更新していた当ブログですが、今回は間が延びてしまいました。今後は放置期間が延びるかもしれません。相変わらず本業多忙で、私的なところでも音楽以外に始めたことがあり、勉強中です。今までの音楽面ではソフト開発でやること動画でやることそれぞれありますが置き去りにしがちです。

音楽面ではピアノをいじる時間が増えました。蓋をあけてさっと弾いて終わり、というのは今の状況に合っているようです。弾き方がワンパターンなので、もっとパターンを増やせればと思ったりしています。



SoundCloudの上限が近付いて来ており(上限値まで残り2分)、上限の見えないYouTubeを利用していこうか → YouTubeには映像か画像を付けないといけない(面倒) → 自動生成させればよいのでは。 と考えて、FFTのパラメータに沿って円が動くプログラムを書いてみました。



事前に分かっていたことではありますが、FFT自体は手軽に使えて値を得られるものの、主観的な音量感とは所々異なる印象になりました。

曲自体はピアノで作りました。7度や9度を使いがちです。



モモの10周年の日が5月22日だったようです。
カーネーションの曲を歌わせるとどんな感じになるのかなあと以前から思っていますが、なかなか手を動かすに至っていません。

PageTop