音楽とかソフトとか

シン・ゴジラを見てきました。気分転換くらいのつもりで行きましたが大変良かったです。どの辺がどう、と書くとネタバレになりますので控えますが(ご覧になった方は少なからずネタバレしないよう配慮されていることが多い様子です)、内容も音楽も大満足でした。

私は過去のゴジラ作品、特に「ゴジラvs○○」といった趣向の作品についてはプロレス感やドンパチ大好き感についていけず、音楽は良いのになあと思いながら距離をおいていました。初代ゴジラについては好きでした。その点シン・ゴジラはそんな類の人間でも納得しやすい作りになっていました。そして音楽については、あるシーンでの曲と内容にぐっときて「やられた!」という感じです。

感想代わりという訳でもありませんが、伊福部昭「SF交響ファンタジー第1番」の2台ピアノ版(編曲:石丸基司。楽譜入手元:こちら)を子供と弾いたものを上げました。鍵盤が2台必要でそうそう弾けるものではありませんが、ピアノの先生のご厚意で弾かせて頂きました。実力不足や子供の指の大きさの関係で結構弾き間違えていたり簡略化したりしています。きちんとした演奏を一度聴いてみたいのですが、なかなか見つかりません。

スポンサーサイト

PageTop
前回の投稿から1ヶ月になりますので何か書きます。

この一ヶ月は、ソフト周りにはまったく手をつけず曲についてはちょっと打ち込みをやってみた程度なので、CDのことでも書こうと思います。

伊福部 昭 ピアノ作品集 (Piano: 高良仁美)」というCDを買いました。

伊福部昭と言えばオーケストラ構成(という表現で正しいのかどうか分かりませんが)が主のようですが、ピアノ作品も良い感じです。

「SF交響ファンタジー」のピアノ独奏版(編曲はお弟子さんによるもの)を聴いてみたくて購入しましたが、交響曲版と比べて思いの外独特の風味になっていました。ピアノ版には二台ピアノ版もあり、そちらも聴いてみたいのですが、なかなか見つかりません。

1枚目1曲目の「盆踊」は手元のCDのオーケストラ構成版より好きな感じでした。

「佐久間ダム」と題されたトラックは「緑の誘水」のようですが、百年紀vol.2の同曲より短くなっていました。この曲にはサティなどのフランスぽさを感じます。静かで好きな曲ですが映画では軍隊マーチな方向に編曲されたこともあるようです。

通して聴いた中では日本狂詩曲の「祭」が一番好きな感じでした。オーケストラ構成版があるようなのでそのうち聴いてみようと思います。

なお、目下の処伊福部楽曲のピアノから私が取り込めたことは、肘などでピアノをがーんと叩くとカッコイイという所です。打ち込みでもやってみると、生ピアノほど迫力は出ませんが良い感じです。先月の「Night in Castle」の中盤で使いましたが今打ち込んでいるものではもっと多用しております。
piano_gangan

高さの変えられるシンバルといった感じでしょうか。

PageTop
息抜きにアップテンポな方向の曲を作りました。
Night In Castle (instrumental)


PageTop




elegy.png

PageTop
OREMO ver.3.0-b160505を上げました→ダウンロード

OREMOのバージョンアップは約2年ぶりですが、今回あまり大きな変更点はありません。
以下、主な変更点(5つ)の説明です。


- (修正) Tcl/Tkのライセンスファイルを修正した。

ユーザさん側には恐らくあまり大した修正ではないのですが、開発者的には割と大きな間違いの修正です。

OREMOはTcl/Tkというプログラミング言語で実装しており、tclkitというツールでexeファイルを作っています。そのためOREMOにはtclkitやその関連ライセンスを同梱すべきなのですが、過去のバージョンではActiveTclのライセンスファイルを同梱してしまっておりました。

この間違いはOREMOに限らず拙ソフトウェアの大半(setParam、wavDivider、wavTar、pCov、fransingなど)で生じています。いずれ修正して行こうと思いますが、ひとまずライセンスを確認されたい場合はお手数ですが今回のzipファイルのLicensesフォルダをご参照下さい。


(修正) ヘルプメニューのURLを更新した。

ソフトの「ヘルプ」メニューからwebサイトにアクセスできるのですが、そのURLが古くなってしまいましたので更新しました。具体的には以下の二点です。

・トップページ等を「フリーティケットシアター(freett.com)」からnwp8861.web.fc2.comに変更。
・ダウンロードページをsourceforge.jpからosdn.jpに変更。



(変更) Tcl/Tkのバージョンを8.5.4から8.6.4に変更した。

表題のとおりです。OREMOの動作上どう良くなるかは把握していませんが、最新の方が良いだろうということで更新しました。


(変更) F0パネルをピアノロール表示にした。

utawaview ver 0.8で実装したピアノロールを移植してみました(下図参照)。多少感覚的に見やすくなったかもしれません。

OREMO ver 3.0-b160505の例図


(追加) ウィンドウ境界のドラッグで窓幅変更できるようにした。

ウィンドウ境界ドラッグでの窓幅変更はとても基本的な機能ですが、これまで実装をさぼって(?)以下の操作方法のみにしていました。

 ・縦幅の変更→ 変更したいパネル上でSHIFT+ホイールスクロールする
 ・横幅の変更→ 変更したいパネル上でCtrl+ホイールスクロールする

しかしやはりウィンドウ境界をドラッグしたいなと思うときもありますので、実装しました。状況次第で変な動きをする可能性もありますが、前より快適になっていれば良いなと思っています。

PageTop