音楽とかソフトとか

ひと月ぶりでございます。

前回書いていた歌詞無しスケッチに概ね歌詞が付きました。ようやくいけそうな気がしております。はっきりと書いていなかったのですが、轟栄一10周年記念コンピアルバムに参加させて頂けることになりまして、その曲についての件でした。

公式サイト→ http://zon.b.la9.jp/a1compi/index.html


10周年ということで、あれこれ考えるのですが(時間区切りの祝祭ものとしては既に昔gravitationという曲を作ったなあなど)、10年なら10年なりに別の方向の意味合いなり表現なりが詞に多少とも出てくるのではないかと期待しております。

「虚実の泥棒」の動画は、少しいじりました。もうできあがっているのですが、久しぶりにustファイルなどをまとめておこうかなという気持ちが仇で、何となくそのままにしています。そんなに時間のかかる作業ではないのですが。

曲はほぼXTCしか聴きませんでした。

スポンサーサイト

PageTop
月一の駄文でございます。

ソフトの進捗はありません。本業の案件も色々と過密で進捗が思わしくなく、一際大きな案件は悩ましい風船を膨らませながら11月位まで脳内に居座っています。

音楽の方は、秋までに作りためる案件で1曲スケッチを作り、今までの中ではこれが一番良いかなあと思っています。歌詞はまだスキャットプラグインで出したランダムな文字列の状態ですが、果たしてここに意味を付けた方が良いのかなあ(下手に付けない方が良いのではないか)などと思っています。過去に作った曲のいくつかは後になって恥ずかしくなるものがあり、そうならなくなるにはどうしたら良いかと考えると、そもそも意味が無ければ良いのではないかという一案がよぎる次第です。

動画の方は、「虚実の泥棒」が一通り出来上がり、これからは時間のある時に見直して細かい所を修正しようという所です。

聴く方では今月もまたXTCと伊福部昭ばかり聴いています。伊福部先生の方は8月に出た「サンダ対ガイラ」サントラを「L作戦」目当てで買いました。通して聴くと同じ楽譜の別テイクなども多く、ちょっと資料的な意味合いが強い印象でした。何度か聴くうちに、伊福部楽曲に興味の無いはずの家族が無意識に「L作戦」を口ずさむ一幕がありました。

XTCは、アルバムは昔から全部持っているのですが、うち5枚ほどはあまり聴いたことがなく、じわじわと聴いています。80年代では「Mummer」「The Big Express」をほとんど聴いていませんでした。ポップって何だろうと何となく考えながら聴いています。

PageTop
前回記事からまた約1ヶ月になりますので、とりとめも無く近況を書きます。

秋までに数曲書き溜めようと思っている件は進捗もなく、9月まで本業の予定もみっちり入っていて、果たしていつ作るのかなあと思っています。ピアノで何となく和音を弾いたりはするものの弾くと満足してしまいがちです。

聴く方では相変わらず伊福部昭とXTCを聴いています。アンディ・パートリッジ作のメロディは2拍目から始まるものが少なくないなあと思ったりしました。この方の真骨頂はそこではないのでしょうが。

時間泥棒にある「虚実の泥棒」は何とか動画で残したいと思っておりまして、今月は気持ちがこの件に向いており、少しずつ映像素材を作っております。

ソフト開発周りは特に進捗ありません。

PageTop
月報的な何かです。
制作、開発面での進捗は特にありません。本業の方は大変充実しています。収入も充実とはいかないのがいたし方ない所でございます。音楽の方は伊福部昭「東宝映画ミュージックファイル」というCDをよく聴いております。それと久しぶりに平沢さんのライブを生で見れました。

PageTop
息抜きで、何となくチップチューンものを作りました。
https://soundcloud.com/nwp8861/departure-chiptunegamemusic



秋頃までに歌ものを何曲か作りためようとしており、たまにピアノでフレーズをためているのですが、そのうちの一部で作りました。「Φ」のときはPC-98を意識してPSG系VST3音+FM系VST3音のモノラルでやりましたが、今回はやや緩くパンニングしたりしました。

何にせよ、もう少しのんびり過ごしたいものです。

PageTop