音楽とかソフトとか

wavDivider(わぶでば)ver.2.0の説明動画の「今後の予定」で、録音機能付のものを作ると書きましたが、早速作ってみました。

oremo-01

そのうち説明動画を上げますが、基本的に6つのキーを覚えれば収録できます。

・上下矢印 = 収録音名を変更
・左右矢印 = 発音タイプ(「あ↓」「あ↑」とか)を変更
・rキー    = 押している間録音される
・spaceキー = 再生

最低2つのキーを交互に押すだけで収録できます。「rを押し続け→発声→rを離して→下矢印で次の音へ」

矢印キーを押したときに波形は保存されます。

とり直したいときはもう一度rキーを押して発声すればOKです。複数回のとり直しによる、波形切り出し作業時のわずらわしさがなくなると思います。

画面にあるように、波形、スペクトル、パワー、ピッチ(F0)を見ることができます。

収録音名のリスト、発声タイプはそれぞれテキストファイルから読み込んでいるので追加可能です。なので、飴屋さんがブログで書かれていた「馬鹿げた提案」にも恐らく対応可能です。(発声タイプを増やせばOK)

<本質的な問題点>
PCが近くにある環境での収録を想定したソフトということになりますので、PCの動作音が混入し、音質に影響を与える恐れがあります。

このソフトはそれよりも、簡単・手軽・気軽に収録できて、コンピュータに不慣れな人にもボイスライブラリが作れる(or作れそうな気分になる)ソフト、という立場で作っています。


以上が概要です。突貫で作ったのでバグがあるかもしれないのと、まだいくつか実装したい項目が残っています。現行版でも収録はできる状態なので、説明動画を先に上げるかもしれません。

スポンサーサイト

PageTop