音楽とかソフトとか

OREMO(仮)の説明とデモの動画を上げました。



BGMは朝焼けサイクリングの後半に別のフレーズを入れたものです。最後のハモリが少し濁っているというか修正したい気分なのですが妥協しました。
ボーカルは重音テト、桃音モモ、穂歌ソラ、天音ルナの4人です。

追加分:
君のことがとても気になるよ
君のことがとても好きだよ
君の言葉とても気になるよ
君の声がとても好きだよ

読みようによってはボイスライブラリをダウンロードしている人の気分に重なるかなあと思って付けました。でもその方向にするなら、いっそ「白んだ空をにらみつけ」を「歪んだ空をにらみつけ」などの表現にしていった方がSFっぽくて良いかもとも思います。

----
まだ良いソフト名を思いつきません。このままOREMOになるかも。。

あと、録音の「r」キーは単にrecordの「r」から来ていますが、矢印キーの近くのキーを割り当てる方が右手だけで操作できるので良いかなとも思います。全部テンキーに割り当てるのも良いかもしれません。

----
ノイズ除去機能に関するコメントを頂きましたが、多分ノイズプロファイリング付きのノイズ除去があると良いということですよね?確かにwavがバラバラになると一つ一つにノイズ除去をかけるのは大変だと思います。一方でプログラマ側の立場では、ノイズプロファイリング付きのノイズ除去を自前で実装するのは大変そうです(私は仕組み自体よく知りません。ノイズ部分のフーリエ級数を引いているとか??)。

少し調べると、Audacityのver.1.3(現在ベータ版)ではバッチ処理に対応しているようでした。もしかするとこの機能を使えば複数のwavファイルから一括してノイズ除去できるかもしれません。

あと別のやり方で今思いつくこととしては、、、複数のwavファイルを一つにまとめつつ、各ファイルの境界位置を記録したわぶでばラベルファイルを作成するツールを作ることでしょうか。これなら多分作れます。そのツールでwavファイルを一つにまとめてAudacityなどでノイズ除去→わぶでばで一括分割して元の状態に戻す、という段取りです。
↑を書きながら思い出しましたが、このやり方は飴屋さんのブログのこの記事で言及されていました。

----
さらにコメントへの返信です。アイデアありがとうございます。

<録音中、再生中を示す表示>
ボタンを作って表示させるか、わぶでばのように(地味ですが)一番下にメッセージ欄を用意してそこで表示させるか、どちらにしても実装できます。

<発声タイプを左右並びにした方が直感的>
確かにそうなんですよね。ところが私が知る限りでは、開発に使っているTcl/Tkという言語では、デフォルトでは横向きリストボックスがないんです(@_@)。mclistboxというパッケージを入れれば縦横に複数の欄のあるリストボックスを作れるようなので、これを使えば良いな(横向きリストだけでなく、現状2つに分けてあるリストを一つにまとめられて、直感的にカーソル移動できる)と思いつつ、ひとまずその部分の実装の優先度を下げました。

スポンサーサイト

PageTop