音楽とかソフトとか

動画を上げてからいくつか実装しましたが、一番面倒だった詳細設定の実装がほぼ終わりました。
OREMO-詳細設定

開発方針(手軽さ・気軽さ・簡単さ)に反してごちゃごちゃした窓になってしまいました。なるべくなら触らないですむ窓であって欲しいのですが、収録時のF0(ピッチ)をよく見たいという人は窓の右側にある「描画範囲を固定する」、「各音の線を描画する」、「発声したい音の線を描画する」の欄を触った方が良いかもしれません。

<描画範囲を固定する>
固定するのチェックが無い場合、録音の度に収録音のF0に応じて表示の範囲が変わってしまいます。チェックがある場合、指定した音の範囲に固定することができます。デフォルトはチェックありです。でもデフォルトの音の範囲は広くとってあるので、もっと狭くした方がF0の変動を見れると思います。

(デフォルトでは広めにとっておかないと、ユーザの音域によってはF0が表示されないケースが出てきてしまいますので)

<各音の線を描画する>
半音ずつ横線をひきます。どの線がどの音かは表示されません。デフォルトはOFFです。

<発声したい音の線を描画する>
指定した音の横線をひきます。
例えばC3のキーで収録しよう、と決めた場合、ここをC3にすることで、自分の発声がC3に合っているかどうか目視チェックできます。デフォルトはOFFです。

表示例(赤線が発声したいF0、白が半音刻みの横線)
OREMO-F0表示

これらの機能がUTAUボイスライブラリ作成で必要かというと必ずしも必要ではないと思いますが、決めたキーのとおりに歌っておいた方が整っていて気持ち良いだろうなと思って実装しました。

なお、今のところ、これらの設定変更はソフト起動の度にやらないといけません。ソフト終了時に設定を保存するような仕組みにした方が親切だろうと思います。

あと、図の縦軸の単位はセミトーン(半音で1ずつ増える、12で1オクターブ。表記はstの二文字に略記しています)にしています。詳細設定でHz単位に変更可能です。セミトーンの絶対値が合っているのかちょっと自信なかったりします(ものの本などでセミトーンの説明を読むと、基準音に対する比という形で計算式が説明されていたのですが、基準音を何Hzとするかで値がずれるはずです。半音で1上がることは確認しましたので、相対的な音のずれを見る分には何の問題もないと思いますが)。

それとピッチ関係のオマケ機能ですが、音叉みたいな意味合いの窓を実装してみました。
OREMO-音叉窓

指定したキーの音を聴けた方が良いのかなと思って付けました。

あとは、、わぶでばと同じやり方で波形の拡大縮小ができます(SHIFT+ホイールで縦方向の拡大縮小、Ctrl+ホイールで横方向の拡大縮小)。また、波形右クリックでスペクトルやF0などの表示/非表示を切り替えられます。

まだまだ実装したい機能はあるのですが、詳細設定を作れたのでこれで公開までの山は越えられたかなと思います。

--------
p.s.
何となく誤解してそうな予感がしますが、朝焼けサイクリングfull版希望というのはmp3やust,midなどを準備すれば良いのかなと解釈しています。。

スポンサーサイト

PageTop