音楽とかソフトとか

<SNS>
最近複数の方からSNSにお誘いいただきまして、どうもありがとうございます。お誘いはとてもありがたいのですが、技術者的な視点というか個人的な感覚から、SNS一般の運用形態についてはちょっと思う所があるもので、、気が向いたらお願いするかもしれませんので、その節はよろしくお願いします。

<耳のあるロボットの唄の歌詞>
以前からちょっと気にしつつそのままにしていたのですが、耳のあるロボットの唄の歌詞の「パラ言語の意図意味を聴け」「息を切らし綴られた言葉」の部分は、batファイルでは「パラ言語の意図意味聴け」「息を切らし紡がれた言葉」になっています。

作者の意図としては、どちらでも良いのですが、強いて言えばbatファイルの方(赤字の方)がより正しいです。原曲動画のテトは聴き取り辛いですがbat ファイルの歌詞で歌っています。でも大した違いではないし、動画説明の字数制限もあって訂正せずそのままにしていました。

カラオケの歌詞表示についても動画に表示している方でお願いしました。何となく、その方がなじみがあるんじゃないかなと思ったので。でも、繰り返しですが好きな方で良いと思います。

<ToDo>
次は放置中のBMにするか、何となく作った曲(←前の記事でぼやいた原因)にするか、ちょっと原音設定をするかもしれないのでOREMOをいじるか、でも原音設定しなくてすむようなソフトも試作してみたいし、、他にも何か忘れているような気がします。

<最近気づいたutauのtips>

今更かもしれないし、tipsというほどでもないかもしれませんが、確か書いていなかったと思うので一応メモ。。
REAPERのように、波形の位置をグリッド吸着できる機能を使う場合、UTAUの最初の音は休符にする方が良いということに最近になって気づきました。

もしUTAUの冒頭に音符を入れ、その音に先行発声が設定されていた場合、wavファイルは先行発声の所から生成されるので、REAPERのグリッド吸着でwavファイルを小節の頭にそろえると、冒頭の先行発声分だけ遅くなります。

気づいてみれば当たり前のようなことなのですが。。

スポンサーサイト

PageTop
えーと、、最近聴いている曲などを何となくつらつらと書いてみます。



炉心先生が3拍子にアレンジされた動画です。吟遊詩人的な感じで、あーすごく好きと思いつつリピートしています。

自分の中では、丁度「とどけもの」を作るときにラトルズが念頭にあったので、このアレンジとニール・イネスとが滑らかにつながっています。

ニール・イネスはなんでもできて、色んなジャンルの曲調をこなす人ですが、モンティ・パイソンのサントラやボンゾ・ドッグ・バンドなどいろんな所でクラシカルな感じとか吟遊詩人的な感じとか道化師的な感じの曲を作っています。
他にもメロディがころころ変わったり泣ける曲だと思ってたらパロディだったり、奥深いです。

ニール・イネスの公式ページ↓
Words of Innespiration - The Lyrics & Unplanned Career of Neil Innes
mp3、コード進行、歌詞などが公開されてて、これだけでもお腹いっぱいになります。以前は動画も置いていた記憶がありますが、今はYouTubeへのリンクになっていました→こちら。動画で見た方が奇天烈な印象が強いと思います。

そんなわけで、あーやっぱり大好きと思いつつ聴き返したりしていたら、ロン・ナスティ名義の新曲が試聴できるようになっていました→egowarriors - Innes Book of Records

聴いてみると確かにラトルズ調(2ndアルバムの方)。ページは英語なので自信が無いですが、ラトルズ最後の新曲ということかな?と思いました。タイトルは「Imitation Song」となっていて、ラトルズの存在自体が暗喩されているんだろうなと思いました。Donateボタンはまだ調整中みたいです。うう、押したい。

もうひとつ、ニール・イネスから今度は XTC を思い出して CD を聴き直しました。Nonsuch以降(ってほとんどないですが)の、管楽器の使い方がすごく印象に残っていました。

で、最後は自分の打ち込みへのぼやき?です。
UTAUとテトのインストール動画(3/24版)BGMから音源にサウンドフォントを使うようになって、以前に比べて、いわゆるハイファイな感じの生楽器音を使えるようになったのですが、いざ使ってみると、何か違うんです。音はきれいになるんだけど何かが違う。「何か」が何なのかもよく分からないのですが。。

PageTop
OREMO の開発版(ver. 2.0-b090518)を上げました。主要な変更点は以下の一つだけです。

 ・「ファイル」メニューに「oto.iniの読み込み」を追加

今回修正するきっかけになったことなのですが、桃音モモの藤本さんと以下のような流れでUTAUの収録方法などを検討しています。

1.UTAUの発音や音のつながりを滑らかにして音質向上させたい

2.ボイスライブラリの収録方法を、「あー」「いー」といった単独発声から「あいうえお」のような連続発声にする

3.どうやってUTAUで実現できるか、効果はどの位あるのか調べてみよう

4.ひとまずサンプル音が一つできたのでUTAU交流掲示板に投稿

投稿記事に書いたzipファイルの中にサンプル音や説明PDFが入っています。
これがベストのやり方だ!だとかこれで音質が劇的に改善!なんて結論が出たわけではなく、模索中の途中経過報告です。ご意見や感想、アイデアなどコメントいただければと思って投稿しました。

PageTop
<フォント>
とどけものの前半で使った日本語フォントはダイナフォントの新篆体(しんてんたい)です(有償)。途中の英字(IP over Avian Carriersなど)はRNS SERIALでした(こちらは無償でダウンロードできます)。

<mp3など>
mp3、UTAU用ust、processing(動画)用pdeファイルを置きました→こちら

divShareにも同じものを置きました(こちらは英語のページなのでダウンロードのやり方が若干わかりづらい気がします)。

声入りmp3→http://www.divshare.com/download/7344612-b09
カラオケ(コーラスあり)mp3→http://www.divshare.com/download/7344613-cf5
カラオケ(コーラスなし)mp3→http://www.divshare.com/download/7344614-70e
ustファイルなどzip→http://www.divshare.com/download/7350455-22f

PageTop
<私信>
動画記事の件、回答保留のままでしたね。すみません。あれから随分時間も経過してしまい、私自身はタグ検索で見るのに慣れてしまいました。なので、お手数ですが元の状態に戻していただければと思います。

<スズナリさん版のカラオケmp3>
こちらもだいぶ前にご連絡いただいてましたが、スズナリさんアレンジのカラオケmp3配布中です。ぜひ。


聴きながら毎回思いますが無駄がないんですよねー。

PageTop
<韓国語訳とイラスト>
こちらのページに韓国語訳がありました。ありがとうございます。発音と意味の両方を翻訳されているみたいです。。ってイラストがすごくかっこいいんですけど。。と思って探したらセリさんでした→pixiv。投稿日が動画をアップした日とかすごすぎる。。

今度の日曜(5/17)にボーマス8に参加されるそうです(E-03「あまねぎ」)。お近くの方はぜひ。

<mp3など>
一応作りましたが、コメントを見てAメロでの僧侶の音量を下げた方が良いのかなと思ってやり直しています。でもいきなり音量下げてるんですが。。やっぱりミックスは苦手です。

今回もヘッドホンで聴いた方が良いだろうと思います。

<歌詞とか>
理系的にはコメントされているとおりです。本当は、曲の最後で、鳥が到着したら目の前に65536個の扉がどーんと現れて、一つが正解で残りは皆ハズレだ、という彼方からの声がして、鳥が25番目の扉に入っていくようなファンタジーを妄想しましたが、ボツになりました。

PageTop
カラオケ投票ありがとうございました。お礼を言い始めるときりがなく、どう言っても言い足りないだろうと思います。とにかく、恐らくこういう出来事は人生の中でそう何度も無い事だろうと思う次第です。

謝辞代わりに一曲仕上げましたのでよろしければお聴き下さい。


歌詞は相変わらず好きに解釈していただければと思いますが,元は4月1日に由来しています。カラオケ関係の視点から解釈できるかもしれません。

曲の方は、、前に断片的に書きましたが、当初は平沢進版のラトルズみたいな曲を作ってみたくて作業していたものです。途中で諦めて好きに作り出したので何だかややこしいですが、一応オリジナルの体裁にはなっているかなあと思います。下地は新譜の「Phonon Belt」なので、そちらを聴くとラトルズとビートルズとの距離感位の感じは残っているかもしれません。音源は相変わらずフリーで使用or試用可能なものを使いましたが、今回は特にDelay Lamaやsynth1を多めに使いました(インタビューでお勧めされていたので)。あとはフリーのサウンドフォントに手を出しました。ミックスは相変わらず下手です。

コーラスは穂歌ソラと高音ミルです。ソラの低音は前から好きでしたが、最新版でもっとパワーアップした気がします。逆に高音ミルは高音でもキンキン声にならず柔らかいままでした。今回の動画だとミルの声は聴き取りづらいですが、G5位の高い声を使いました。

動画の写真はパブリックドメインのものとクリエイティブコモンズのものとがあります。古いイラストはこちらのサイトからです。

その他まだ書きたいことはありますが今から所用があるので、またそのうちに(忘れないうちに)書きたいと思います。

PageTop