音楽とかソフトとか

私は音源の中の人ではなく、動画製作者やOREMO開発者といった立場の人ということになりますが、動画製作者ではなくOREMO開発者という立場から中の人に対してずっと前から思っていることがあります。あまりまとまらず、何を言いたいのか分かりづらいかもしれませんが、とりとめもなく書いておきます。

まず、音源作りは楽しみの一つとして成り立つものですよね?だとすると、その楽しみたい!という願望は収録について考えている段階でも既に何割か達成されている状況であると認識しています。この楽しみ方は、飴屋さんのブログにあったようなパラダイムシフトの一部だったら良いなとも思います。

OREMOやわぶでば等は、別に使役的、使命的な何かのために作っているわけではなく、そういった面白そうな遊び方の支援になれば良いなと思って作っています。もちろん使命的な考えの下で使ってはいけない、ということではありません。そういう考えの方が自分にとって良いと思うのならそれで良いと思います。

さらに、音源作りは考えようによっては将来の自分のためにもなるかもしれません。

以前このブログにも少しだけ書きましたが、自分の声をデジタル保存しておくというのは、「声のアルバム」を保存しておくことでもあるので、将来、何かのきっかけで過去をなつかしむ際に使えるデータになるかもしれません。

また話を飛躍させると、喉頭ガンやALSなどの病気で喉を摘出して自分の声を出せなくなった患者が音声合成を使って自分の声を取り戻す、といった話が10年近く前にニュースでも取り上げられていました。音楽の話ではなくなりますが、そういう予想外な副産物にもなりえると思っても良いと思います。


一方、今度は動画製作者の立場で考えると、動画製作者は基本的に使い手側の発想で感想、評価、コメント、リクエスト、アドバイス、要求などを出したりすることになると思います。文字のみのやり取りでは、文表現のしようによっては感想が評価に見えたり、アドバイスが要求に見えたりすることもあろうかと思います。

また、いろいろと話が大きくなってくるとすべてを包括させるのは大変なことなので、どこか妥協することになりますが、最終的にどう妥協するかの取捨選択は中の人の気持ち次第かなと思います。上述したように、「音声収録は中の人の楽しみなんだ」ということを、中の人には忘れないでいて欲しいなぁと思います。

以上のことが当たり前のことであれば良いのですが、念のため文章にしてみました。

スポンサーサイト

PageTop
paramMapperの精度検証しました。UTAU本体のもの、以下の動画で公開されていたもの、paramMapperの3つで、同じustファイル(「ひらひら」で作ったust)をwav化して聴き比べました。



結果としては、上記動画のソフトが現状一番良いと感じました。paramMapperは特に先行発声の位置の誤差が大きく、そのままでは使えないクオリティでした。

転写元のファイルを取り替えると転写結果も変わりますが、それって結局トライ&エラーしないといけないことになるので、なんだかなーとも思いました。

公開するとしたら、先行発声は転写でなく規則的に付けた方が良いだろうと思いました。

ともかく勉強になりました。DTWは別のことにも利用してみるつもりだったので、今度はそれを試そうと思います。そっちも公開できる品質になるかどうか分からないですが、どんな音になるのかワクワクです。

PageTop