音楽とかソフトとか

wavDivider(わぶでば) ver.2.2 をバージョンアップしました→こちら。

<主な変更点>
- (修正) 拡大表示の際のパワー表示のずれを修正。
- (修正) ファイルを閉じた際のパワー表示のエラーを修正。
- (変更) 起動時にファイルオープンダイアログを自動で開かないようにした。
- (変更) パワー計算時に経過窓を表示するようにした。
- (追加) 本体窓へのファイルドラッグ&ドロップに対応。

パワー周りのバグ修正が主です。

本体窓にwavファイルまたはlabファイルをドラッグ&ドロップするとそのファイルを読み込むようにしました。ただし、ファイル名やフォルダ名に日本語がある場合うまくいかないことがあるようです。その場合はファイルメニューから開いて下さい。

----
一つ前の記事で、次はOREMOと書いておいてこれであります。ソフトの開発予定などは自分に言い聞かせているだけの文と思ってスルーしていただければ。。

スポンサーサイト

PageTop
utau2sinsy ver.0.12 を公開しました→こちら

<主な変更点>
 1.小節をまたいだ音符表示に対応した(分解してタイでつなぐ)。

 2.付点音符表示に対応した。

 3.一致する長さの音符名が無い場合、可能な限りタイでつないで音符表示を一致させるようにした。

 4.(内部的には)XML::Smartモジュールでxml処理するようにした。XMLのテンプレートファイルtemplete.xmlを読むようにした。

<備考>

今回の変更(音符を分解してタイでつなぐ)によって楽譜表記は旧版より良くなりましたが、Sinsy用の入力として良くなっているかどうかは定かではありません。もし、タイ付与周りの処理を無効にしたい場合はutau2sinsy.plの「our $useTie = 1;」(85行目)の1を0にして下さい。なお、その際ファイルの文字コードはSJISのままで保存して下さい。

今のところsinsyの入力仕様は正式には明らかになっておらず、twitterからの情報や手探りでやっています。上記の「定かではない」と書いたのもそのためです。ひとまず現状でもUTAUのustファイルを使ってひととおり歌わせることができていることもありますので、当面は何かバグなどや何か気づくことがあればバージョンアップしようと思います。

<怪しい宣言>
次こそはOREMOのバージョンアップを。。曲は1月中に。。

----
追記。二重付点音符に対応し忘れていたのでver0.13に更新しました。

PageTop
utau2sinsy ver.0.11 を公開しました→こちら

<主な変更点>

- ある程度楽譜表示されるようにしました(MuseScoreで確認)。でもまだ不正確な表示が多々あります。

- UTF-8 で出力するようにしました。そのため、コマンドラインで実行するならUnicode::Japaneseをインストールする必要があります。なおcygwinのUnicode::Japaneseは同梱していますので、cygwin で./utau2sinsy.pl する場合にはインストールしなくてもいけるかもしれません。

- タグの長さに応じて改行コードを入れたり入れなかったりするようにしました。

PageTop
昨年なんとなく作ったインスト曲のスケッチをなんとなく置いておきます。作業用BGMにでもなれば。。再生時間=4:05、BPM=150。音源は MSGS のみです。


download-> http://www.4shared.com/file/189687616/ae89296/test141.html

最初はかわいい感じの曲にするつもりで作り始めたのに、1分過ぎあたりから何か違う感じになってきて、これどうなるんだろうと思いつつフレーズを付け足していくもののなかなか終わらないので、最後に無理やり最初に戻して終わりました。

MSGS の音は安っぽい感じがするけどなんだかんだで好きです。

PageTop
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

----
utau2sinsy ver.0.1 というソフトを公開しました→こちら

Sinsy とは前回の投稿記事に書いたHMM歌声音声合成システムですが、年明けから公式ページにアクセスできるようになっていました。MusicXML形式のファイルをサーバに送ると合成音のwavをダウンロードできるサービスのようです。

問題はMusicXML形式のファイルをどうやって作るかなのですが、使い慣れたUTAUのustファイルをSinsy用xmlファイルに変換できればUTAUを使ってSinsy用データも作れるようになると思い、突貫で作ってみました。

使い方の詳細は上記リンクやREADME.txtに書いてありますが、変換したいustファイルをUTAU2SINSY.batにドラッグ&ドロップすればSinsy用xmlファイルが生成されます。Perlユーザであればコマンドラインでも実行可能です。

手元のustファイルで試した限りではうまく変換できている様子ですが、もし何かお気づきの箇所があればお知らせいただければ幸いです。

PageTop