音楽とかソフトとか

NHKのサイエンスZEROでVOCALOIDとSinsyが紹介されるらしい、ということで、Cadenciiを使ってSinsyに歌わせる過程を動画にしておきました。突貫気味で作ったので操作速度が速かったり遅かったりしますがご容赦下さい。

<ニコニコ動画>


<YouTube、Sinsy tutorial: how to sing by using cadencii


以前MuseScoreを使ってSinsyを歌わせる過程を動画にしました(こちら)。MuseScoreはスコアエディタ(楽譜を見ながら編集)であり、クレッシェンドや強弱といった記号を入力できるので、Sinsyの特徴を活かしたデータを作成できます。

一方、VOCALOIDやUTAUのユーザなどにとっては、ピアノロール画面の方が見慣れているのではないかと思います。その点CadenciiはVOCALOIDのエディタのような作りになっていますので違和感無く操作できるのではないかと思います。また、VOCALOIDやUTAUのエディタでデータ作成してCadenciiに読み込ませ、MusicXML形式で書き出すというやり方も便利だと思います。

----
動画で触れなかった補足としては、、
音符はなるべくキリの良い長さで入力した方が良いです。例えばVOCALOIDで、音と音の間に短い隙間を空けて声を変えるテクニックがあったと思いますが、Sinsyの場合にはそのようなことはせず、なるべく音を連結させた方が入力楽譜が綺麗になります。

なお、Cadenciiの「設定」→「クオンタイズ」や「設定」→「長さ」で、音符入力時の位置や長さをコントロールできます。

スポンサーサイト

PageTop