音楽とかソフトとか

Fransingの動作テストその2です。今度はダリアさんの歌唱wavをお借りしました。ありがとうございます。


元になったwavは、ダリアさんが以下の歌ってみた動画制作時に録音されたものです。聴き比べてみるとどの辺がどう違うのかが分かって楽しいのではないかと思いますので、ぜひ。


そして原曲は酒乱Pさん、オケとustはピアプロからお借りしました。ありがとうございます。この曲は他にもUTAUカバーや歌ってみた動画がありましたので、ぜひ「幸せの国_二番地」タグで



以下雑感です。

(雑感1)
聴いてみた印象としては、従来のUTAU合成音と人の声を混ぜたような?不思議な感じがしました。

(雑感2)
開発中に寄り道しているようですが、最終的には音楽を聴きたい/作りたいのだ、という点からすると、この作業や使い方は寄り道ではなく真っ当な筋道なのかもしれません。この一連の作業は今のところ楽しいので、当初の目的であった”呪文を読む代わりに歌って音源を作る”という使い方・遊び方・考え方以外の何か楽しいものが隠れてないかなあと思ってしまいます。それは、歌声音源はじゃじゃ馬音源になりやすそうという見通しがあるからでもありますが。

(雑感3)
一つは、UTAUを音声補正ツール的なものとして使ったらどうなるか、という視点で聴き比べてみるのも良いのかもしれません。でも音声補正ツールだと思うと投稿カテゴリを「音楽」にするか「歌ってみた」か「VOCALOID」か更に混乱しそうですwまた、現状ではUTAU音源感が音色に混じるので、それをどう捉えるかについては一考の余地があるかと思います(AutoTuneの位置づけと同様に味わいやエフェクトと捉えるか、音源や合成法に要改善点があると捉えるかなど)。「歌ってみた」の人にとってのUTAUは何だろう、とか。。

(雑感4)
動画中の重複番号のついた音符のところはほとんどが”じゃじゃ馬”だった部分です。それらの部分についてはSHIFT+右クリックで音を変えて収まりの良いものと入れ替えました。最近のUTAUではあまりやらなかった作業だなあと思いました。思えば初期テト音源では「あ↑」や「あ3」などを同じやり方で選んでいました。

ただ、この"じゃじゃ馬"というのは、「合成がうまくいかない音」なのか「表現が合わない音」なのかで意味合いが違ってきます。これまでテストした限りではどちらの音も混じっていると感じました。後者の場合はある意味原石です。歌声音源はただの"じゃじゃ馬音源"ではなく、"汎用性が低い代わりに原石が転がっている音源"かもしれません(←前向き!)。

スポンサーサイト

PageTop