音楽とかソフトとか

(※過去の関連投稿記事:テトのコンピCDについて、  『0401 -The Best Days of 重音テト』クロスフェードデモ

「0401 -The Best Days of 重音テト」が無事発売されたようです。「おめでとうございます」と書くと他人事のような表現になるのかもしれませんが、UGCやコンピレーションにはどこかそういう感覚があります。

「耳のあるロボットの唄」について発売後に書こうと思っていたことを書きます。

1点目。イントロや間奏で朗読音が流れますがOpen JTalkという名工大開発のオープンソースのHMM音声合成システムの声です。HMMはこの歌にとって大事な成分ですので是非入れておこうと思いました。音は「-p 300 -jf 2 -jm 2」オプションを付けて話速を落としたりしました。なおOpen JTalkはこちらのサイトでブラウザ上で手軽に合成出来るようになっています。

2点目。過去に作った2曲のフレーズを混ぜてみました。一つはOREMOのガイドBGMで間奏部分にあります。あと一つはもっと後の方にありますが埋もれ気味で分かりづらいかもしれません。

最後に。出来るものなら動画にしてネットに上げたいなと思いつつなかなか難しそうですので、Processingで少し作ったものの画像を置いておきます。こんな雰囲気で作れたら良いだろうなあと。

耳のあるロボットの唄イメージ

スポンサーサイト

PageTop