音楽とかソフトとか

setParam ver.2.0-b130530を公開しました→ダウンロード

<主な変更点>
- (追加) パラメータ一覧を母音順に並び替える機能を追加した。
- (追加) 連続音パラメータ自動生成で、エイリアスに接尾辞を付けられるようにした。
- (追加) 連続音パラメータ自動生成で、エイリアスが重複した場合に優先して残す組み合わせを変更できるようにした。
- (追加) エイリアス一括変更を指定範囲に対して実行できるようにした。
- (追加) 単独音自動推定の設定窓に「デフォルト設定に戻す」ボタンを追加した。

- (変更) 連続音パラメータ自動生成の設定窓の構成を変更した。
- (変更) 単独音自動推定の設定窓で、「~wav毎に自動設定する」がONのときに、固定値の欄を手動で値変更できるようにした。
- (変更) F0の目盛表示間隔が小数の場合にも対応した(0.2刻み, 0.5刻み)。
- (変更) 発声タイミングチェックの試聴中にF8を押すと再生停止するようにした。

- (修正) 起動直後にファンクションキーやスペースキー等を押すとエラーが出る問題を修正した。
- (修正) F0の描画範囲を固定しない場合に目盛表示がずれるバグを修正した。
- (修正) パワーの目盛表示がずれるバグを修正した。
- (修正) パワー表示で負の値が表示されないようにした。
- (修正) 発声タイミング補正モードで、他のパラメータと先行発声が同時に動くバグを修正した。
- (修正) 初期化ファイルに波形の横幅拡大率が保存されないバグを修正した。
- (修正) エイリアス一括変更で、エイリアスの無い欄でエラーの出るケースを修正した。
- (修正) 連続音のパラメータ自動推定でMFCCを利用した場合のエラーを修正した。

今回は上記のとおりバグ修正が多めです。実は他に試験的に実装している最中のコードがありますが、修正が多いので間が空きすぎないよう現状版を出すことにしました。

以下、追加機能のいくつかについて詳細説明します。



<パラメータ一覧を母音順に並び替える機能を追加>

ツール」→「パラメータ一覧の並び替え」からパラメータの並び順を変えることができます。

パラメータ一覧の並び替え


・「仮名順に並び替え」…エイリアスやwavファイルの仮名順に並び替えます。例えば以下のような順になります。
 "あ"、"a あ"、"i あ"、"i あ2"、"い"、"a い"、"i い"、"i い2"、、

同じ音を連続して原音設定できるのでやりやすいかもしれません。また、連続音で同じ仮名の発声wavが複数あるようなときに聴き比べやすいのではないかと思います。

ただし、連続音の原音設定でAlt+F1(wavファイル内のすべての左ブランクを同時に移動)やAlt+F3の操作が使えなくなります。

・「wavファイル名順に並び替え」…wavファイル名順に並び替えます。



<連続音パラメータ自動生成で、エイリアスに接尾辞を付けられるようにした>

連続音のoto.ini生成設定窓に「接尾辞」の欄を作りました。入力した文字列は各エイリアス末尾に追記されます。ただし重複の通し番号を付ける場合は、通し番号の方がさらにその後ろに付きます。よってエイリアス文字列は、前の母音名、今の音名、接尾辞、重複通し番号の順となります。
連続音oto.ini生成の変更


※なお、これらの実装に伴い設定窓の構成を少し変えました。



<連続音パラメータ自動生成で、エイリアスが重複した場合に優先して残す組み合わせを変更できるようにした>

あまり使う機能ではないかもしれませんが、、エイリアス重複数に上限を設けた場合に、好みでない音の並びのwavが残り、好みのwavが除外されるケースがあります。そのような場合のために重複の優先順を付けられるようにしてみました。

やり方ですが、まず収録リスト(reclist.txt)やoto.iniの形式で優先度の高いものを上の行に書いたファイルを作って下さい。そして「エイリアス重複の優先順リスト」でそのファイルを選択します。するとファイルの上の行のwavから優先して処理します。



<エイリアス一括変更を指定範囲に対して実行できるようにした>

今までは全データに対して適用のみだった「エイリアス一括変更」ですが、指定範囲に対して実行できるようにしました。

エイリアス一括変更


一覧表で範囲指定→右クリック→「エイリアス一括変更」の流れでご利用下さい。

スポンサーサイト

PageTop
約3か月ぶりに新しくインストを作ってみました。といっても曲長は33秒だけで、1時間弱で作りました。それまではデフォコンピ関係のファイルをいじっておりました。

PageTop