音楽とかソフトとか

ここ最近息抜きに作ったものをつらつらと並べます。

夏嫌い


小春音アミ17音階連続音というものの制作途中版が公開されたと聞きまして使ってみました。制作の大まかな所は動画説明文にまとめたので、ここではそれ以外のことを書き並べようかと思います。

既に他の方が使った合成サンプルをいくつか聴いたのですが、mod0かな?と感じるところがあり、mod100ならどうだろうと興味が湧いて作ってみたものです。

音源の感想というよりmod100についての感想かもしれませんが、自分の理想の歌い方のイメージが細部にわたってはっきり把握できていない人(私)にとっては、mod100は一つの選択肢になると改めて思いました。mod0にはブザー音っぽく聴こえてしまうリスクがあり、mod100には接続の音の不連続さを生じるリスクがあるのではないかと思いますが、自分では気づけない、所々ではっとさせてくれるような生っぽさや節回しを期待するならmod100ではないかと。

「あてどなく彷徨えば」の「あ」、「水撥ねて」の「は」など、他にもありますが色々と良い感じです。

なお、mod100+おま☆かせで合成音を作ってDAWでリバーブをかけた上で、どうしても気になる所についてはmodの値を下げています。



sketches2010-2011 (MSGS)


2010年~2011年頃にMSGSで作っていたデータを並べたものです。大半は未完成で自分でも忘れていたものが多いです。ある程度整理しておいた方が後で使えるかもと思ってまとめてみました。時間が長いのでご注意下さい。



n130509


なんだかアップロード先に一貫性がありませんが。。

ご存知の方も多いかと思いますが、冨田勲先生の楽曲で「パピプペ親父」(パプペポ親父?)みたいな愛称の付いた独特なシンセ声が使われることがあります。例えば「惑星」の冒頭では親父二人がパポーパポーとしゃべって歌ってと、これがとても独特な風情で格好良いのです。

それで、UTAUを使わなければ出てこないような独特な音はどうしたら出せるものかなと思って出てきたものがこれです。声は朝音ボウなのですが、Mode1用ピッチエディタでピッチを上下にぐりぐり動かしたり、フォルマントフィルタのチェックを所々外したりしており、誰の声か分からない所が多々あると思います。声が左右で掛け合うのは前述の「惑星」への憧れということで一つ。

終わりが唐突かもしれませんが、ループ再生仕様です。



coffee suite


即席インスト3曲と昔作ったインストスケッチ1曲を並べたものです。コーヒーの焙煎から飲むところまでの過程をモチーフにした組曲です(嘘)。

こちらも主にUTAUならではの音を模索しており、最初の2曲で、複数種の楽器音wavをUTAU音源として取り込み、scatプラグインで一音ずつ楽器音がランダムに変わるようにしてみたものです。同じ音色が連続して選ばれることはないのですが、聴いてみると案外つながって聴こえるのが面白かったです。なお、パーカッションと2曲目最後のピアノ和音は通常のDTM打ち込みで入れました。

3曲目は昔作ったインストスケッチ(以心伝心~の元。暗さがビートニクスの1stみたいで自分では気に入ってます)、4曲目は管楽器のwavをUTAUに入れて作ったものです。

スポンサーサイト

PageTop