音楽とかソフトとか

先日上げたpCov ver.2.0(案内記事)に不具合がありましたのでver.2.1を作りました → ダウンロード

<主な変更点>
- (修正) pCov-init-cvvc.tclの設定間違いをいくつか修正した。
- (追加) transFromList、transToListの要素数が一致しない場合にエラーを出すようにした。
- (追加) pCovが解析できなかった文字列をエラーレポート窓に表示するようにした。

pCov-init-cvvc.tclを修正しましたのでcvvc音源用の雛形として少しは改善されたと思います。しかしこの雛形ファイルでは対応していない音の組み合わせが幾つか出てきます。ですので、そんな組み合わせがあった場合は下図の様にエラーレポート窓を表示するようにしました。

エラーレポート窓


赤字がpCovで解析できなかった部分です。この窓が出た場合は設定ファイルを書き換えるか収録リストを書き換える対応を取って下さい。

なお、表示される文字列は設定ファイルのtransFromList、transToListに従って変換した後の文字列ですのでご注意下さい。上図の例では最初に「うぅ」で解析エラーが出たものです(う→uと変換されているので「uぅ」と出ています)。また、pCovは解析できない文字を除去した上でカバー率等の計算を行います。例えば「あ@い」という入力があれば@を除去して「あい」と見なして計算します。

スポンサーサイト

PageTop
※pCov ver.2.0に不具合がありましたのでver.2.1を作りました。案内記事はこちらです



pCov ver.2.0を公開しました→ ダウンロード

<主な変更点>
- (変更) 設定ファイル(pCov-init.tcl)の仕様を変更した。これにより旧バージョンの同ファイルとの互換性が無くなった。
- (追加) 一覧表のうち、カバー率計算等の対象外にする領域を指定できるようにした(pCov-init.tcl内の項目excludeRegionで設定する)。
- (追加) CUIモード実装(使い方:コマンドラインから実行する際に-cuiオプションを付ける)。
- (修正) 窓幅を広げた時に一覧表の領域が広がるようにした。


操作方法は以前と変わりません。
大きな変更点は最初の設定ファイル仕様変更です。これによって最近話題(?)のcvvc音源(子音-母音, 母音-子音の音の並びが一音の単位になる)の収録リストチェックにも使えるようにしてみました。

cvvc音源用として使うにはpCov-init.tclを書き換える必要があります。雛形としてpCov-init-cvvc.tclを同梱していますので、ひとまずそちらをコピーして試すと良いかと思います。

しかし、pCov-init-cvvc.tclはあくまで雛形です。子音の表記方法など、適宜書き換えた方が良いと思います。以下はpCov-init.tclを編集したい人向けの内容です。

つづきを表示

PageTop
setParam ver.2.0-b131022を上げました→ダウンロード

変更は以下の修正1件のみです。他にいじりたい所もあったのですが、実装の余裕が出るまで間がありそうなので現状版を上げました。バグレポートありがとうございました。

- (修正) 単独音自動推定のバグ修正。SoXでフィルタをかけて波形がクリップしたときにwarningが出て処理が止まらないようにした。

PageTop
wavTar ver.1.2を上げました→ダウンロード

<変更点>
- (修正) 空白入りwavファイル名に対応した。

使い方は以前と同じです(使い方の説明ページ)。

PageTop
nicoStatをGINZAに対応させました。→ダウンロード

変更した箇所は設定ファイル(.nicorc、設定方法の詳細はこちらのページなど)のみで、プログラム本体等は旧バージョンと同じです。


私はずっと原宿を使っており、たまにnicoStat 0.19でデータ取得していました。最近GINZAに自動で切り替わったようで、nicoStatを試したところページ取得できないことに気づいた次第です。12月3日までは原宿に戻せるようですが、その場合はnicoStat 0.19でページ取得できると思います。

なお原宿とGINZAとの間に"Q"というものがあったようです。私はずっと原宿だったので、もしかすると"Q"でも.nicorcの内容を書き換える必要があったのかもしれません。

PageTop
以前作ったミニゲームからBGMと効果音を抽出しました。



パーカッション以外はテトの声だけで作っているような気がします。多分曲はピストンコラージュで作り、喋りはUTAUだろうと思います。


実は時候のイベントや記念日などには人並み以上に疎くて、酷い例では身内の誕生日を一部覚えられずにいるくらいなのですが、何となく。。

PageTop
彼岸花の時期もとうに過ぎてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。告知は久々なので、何となくかしこまって書いております。

さて、セガプライズさんの企画商品に重音テト関連のグッズが使われるということで、以下のサイトで内容等が紹介されています。

セガプライズ公式サイト[重音テト]特集ページ

グッズ(プライズ)はTシャツ2種類とオルゴール2種類で、オルゴールは「キ・セ・キ(ベビタスPさん作)」と「耳のあるロボットの唄」になっております。

装丁は本のような形になっており、可愛らしい絵が何とも良い感じです。そして音の作りは電子的なオルゴールではなく手巻き式です。つまり、ねじが緩むにつれて曲がそっとテンポを下げて止まって行くという、ノスタルジックなあの感じがございます。

取扱い店舗については、失礼ながら個人的な想像では都会の方が中心だろうと思っていたのですが、上記ページの店舗一覧を拝見すると、思いの外多くの店が載っていて驚きやら感慨やら不安やらを覚える次第です。導入は10月上旬とのことです。ご近所でご興味のある方はぜひお楽しみ下さいませ。

PageTop