音楽とかソフトとか

月一の駄文でございます。

ソフトの進捗はありません。本業の案件も色々と過密で進捗が思わしくなく、一際大きな案件は悩ましい風船を膨らませながら11月位まで脳内に居座っています。

音楽の方は、秋までに作りためる案件で1曲スケッチを作り、今までの中ではこれが一番良いかなあと思っています。歌詞はまだスキャットプラグインで出したランダムな文字列の状態ですが、果たしてここに意味を付けた方が良いのかなあ(下手に付けない方が良いのではないか)などと思っています。過去に作った曲のいくつかは後になって恥ずかしくなるものがあり、そうならなくなるにはどうしたら良いかと考えると、そもそも意味が無ければ良いのではないかという一案がよぎる次第です。

動画の方は、「虚実の泥棒」が一通り出来上がり、これからは時間のある時に見直して細かい所を修正しようという所です。

聴く方では今月もまたXTCと伊福部昭ばかり聴いています。伊福部先生の方は8月に出た「サンダ対ガイラ」サントラを「L作戦」目当てで買いました。通して聴くと同じ楽譜の別テイクなども多く、ちょっと資料的な意味合いが強い印象でした。何度か聴くうちに、伊福部楽曲に興味の無いはずの家族が無意識に「L作戦」を口ずさむ一幕がありました。

XTCは、アルバムは昔から全部持っているのですが、うち5枚ほどはあまり聴いたことがなく、じわじわと聴いています。80年代では「Mummer」「The Big Express」をほとんど聴いていませんでした。ポップって何だろうと何となく考えながら聴いています。

スポンサーサイト

PageTop