音楽とかソフトとか

OREMO-2.0-b091007を公開しました→こちら。なお、今試すとどのファイルもダウンロードできなかったので、サーバ側で何かされているかもしれません)

前バージョンとの変更点は1つだけです。以前途中まで作っていたパラメータ自動推定(左右ブランクのみ)を再度使えるようにしてみました。

「ツール」→「テスト中」→「左右ブランクの自動推定」で設定窓が開きます。
詳細はこちらの記事の下の方にあります。推定方法のおおまかな概要はこちらの動画の 1:28~にあります。

メニューにテスト中とありますように、試してみようという方のみお使い下さい。oto.iniのバックアップをとった上でやると安心です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。各々の録音環境によって無音部の長さが変わってしまうことに対する対策についてなんですが、この自動パラメーターの推定(左右ブランクの推定)を利用できないでしょうか。録音後にwavデーター前後の無音部分を切りそろえてしまえばoto.iniの流用がやり易くなる可能性があると思うのです。

bixbite | URL | 2009年10月19日(Mon)13:53 [EDIT]


Re: タイトルなし

アイデアありがとうございます。確かにある程度はそろえられるかもしれませんね。ただ、子音の長さは種類や発声者によってバラつくので、必ずしも発声開始位置をそろえてもうまくいかないかなと思いました。

nwp8861 (耳ロボP) | URL | 2009年10月23日(Fri)00:49 [EDIT]