音楽とかソフトとか

setParam ver.2.0-b100724を公開しました→こちら

<主な変更点>
- (追加) マウスドラッグでパラメータ位置移動できるようにした。
- (追加) ファイルメニューに「初期化ファイルの読み込み」を追加した。
- (追加) 初期設定ファイルを読み込む際に簡易サニタイジングするようにした。
- (変更) 初期化ファイルに保存する内容を増やした(発声タイミングチェック関係の設定など)。
- (変更) 各パラメータの描画を若干高速化した。
- (修正) 発声タイミングチェック設定窓のバグを修正した。

以下詳細です。



- マウスドラッグでパラメータ位置移動

下図のようなイメージです。
マウスでパラメータ位置移動

「オ」や「子」といった文字、あるいは縦棒をマウスでドラッグ移動できます。



- ファイルメニューに「初期化ファイルの読み込み」を追加
- 初期設定ファイルを読み込む際に簡易サニタイジング
- 初期化ファイルに保存する内容追加


「ファイル」→「現在の設定を初期化ファイルに保存」→setParam-init.tclというファイル名で現在の設定を保存すると、次回起動時に設定を自動的に読み込むようになりますが、この設定保存する際に発声タイミングチェック関係の設定なども保存するようにしました。

なおsetParam-init.tclはtclスクリプトですのでテキストエディタで編集可能です。必要な項目のみ残したり書き換えたりできます。発声タイミング関係の設定は「set uttTiming(○○) {△△}」といった具合に記述されています。

また「ファイル」→「初期化ファイルを指定して読み込む」を追加しました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する