音楽とかソフトとか

wavSpitz ver.0.1というソフトを作ってみました。 ←ver.0.2に差し替えました(2011/09/25)

ダウンロードはこちら(sourceforge)
または
こちら(4shared。要ユーザ登録)

wavSpitz

<デモ動画>
ニコニコ動画


YouTube


以下README.txtです。



<目次>

ソフトの概要
インストール/アンインストール
使い方
各ソフトの動きについて
プログラムのカスタマイズについて
ライセンスについて
更新履歴



<ソフトの概要>

wavSpitzは既存の音声編集ソフトを用いてUTAU音源を収録する際の支援ツールです。

SoundEngineAudacityなど既存の音声収録ソフトでUTAU音源を収録する場合、面倒なのは一つずつファイル名を付けて保存する作業かと思います。(一気に収録して後で切り分ける場合はこれに当てはまりませんが)

本ソフトではその保存作業と収録音名表示を行うことで収録を支援します。

対応する音声編集ソフトは SoundEngine、Audacity、SONAR、REAPER、Wavosaurです。これ以外のソフトで収録する場合は、付属のソースプログラムを適宜修正して使う必要があります。なお本ソフトはAutoHotkeyというフリーソフトで 作られています。




<インストール/アンインストール>

(インストール)
ダウンロードした圧縮ファイルを展開し、適当なフォルダに保存して下さい。

(アンインストール)
インストールしたフォルダを削除して下さい。




<使い方>

1. 使用する音声編集ソフト別に以下のいずれかを起動します。

- wavSpitz-Audacity.exe ... Audacity用
- wavSpitz-REAPER.exe ... REAPER用
- wavSpitz-SONAR.exe ... SONAR用
- wavSpitz-SoundEngine.exe ... SoundEngine用
- wavSpitz-Wavosaur.exe ... Wavosaur用

起動すると、画面上部には収録音名を表示する窓、タスクトレイには設定用アイコンが現れます。

2. タスクトレイのアイコンを右クリックし、メニュー → 「保存フォルダを指定する」を選び保存フォルダを指定します。(この操作を忘れた場合、wavは音声編集ソフトが指定する場所に保存されます)

3. 音声編集ソフトを起動します。

4. 音声編集ソフトで「あ」という声(収録音名窓に表示されている音)を録音します。このときサンプリング周波数=44.1kHz、量子化ビット=16bit、モノラルで録音または保存する設定になっていることを確認しておいて下さい。

5. Windows+n を押します。

この操作によって録音波形が「あ.wav」という名前で保存フォルダに保存されたか確認して下さい。なお、Windows+nは必ず音声編集ソフトをアクティブにした状態で押して下さい。

6. 問題が無ければ、収録音名窓に表示された次の音を録音し、Windows+n を押すという作業を繰り返して収録作業を進めて下さい。

なお、本ソフトで使用可能な操作は以下のとおりです。

<キー操作>
- Windows+n ... 収録音名.wavという名前で保存して次の収録音名を表示
- Windows+下矢印 ... 次の収録音名を表示(波形保存はしない)
- Windows+上矢印 ... 前の収録音名を表示(波形保存はしない)
- Windows+j ... 指定した行番号の収録音名を表示(波形保存はしない)
- Windows+F5 ... 本プログラムをリロードする
※誤動作防止のため、キー操作はすべて音声編集ソフトがアクティブのときのみ有効です。

<タスクトレイの右クリックメニュー>
- 本ソフトの有効/無効の切り替え
- 保存フォルダを変更する
- 収録音名リストを変更する
- プログラムをリセットする(通常は使いません)
- キー操作一覧を見る
- バージョンを見る
- 終了する

7. 収録リストの最後まで行くと終了表示窓が出ます。
タスクトレイのアイコンを右クリックして終了して下さい。




<各ソフトの動きについて>

本ソフトで利用している AutoHotKey はユーザの一連のキー操作を自動化するソフトです。各々のファイルで Windows+n を押した場合の自動キー入力の流れを以下にまとめます。

- Audacity: Alt+feファイル名を入力するENTER
(ver.1.2.6で確認)

- SoundEngine: Alt+faファイル名を入力するENTER
(Free ver.4.41で確認)

- Wavosaur: SoundEngineと同じ
(ver.1.0.5.0で確認)

- SONAR: Alt+feaファイル名を入力するENTER
(Home Studio 7で確認)

- REAPER: Ctrl+Alt+rファイル名を入力するENTER終了窓が出たらESCを2回押す
(ver.0.999で確認)




<プログラムのカスタマイズについて>

sourceフォルダ下に2つソースコードがありますのでAutoHotKeyをインストールしてお使い下さい。wavSpitz.ahkは付属のexeファイルを作る際に使ったものです。wavSpitz-simpleSample.ahkはwavSpitz.ahkをシンプルな内容にしたものです。任意の音声編集ソフト向けにカスタマイズする際の雛形として用意しました。ただし内容をシンプルにするために誤動作防止のエラー対策の一部も削除していることをご承知おき下さい。




<ライセンスについて>

wavSpitzはAutoHotkeyというソフトで作られています。AutoHotkeyのライセンスはGNU GPLですので、本ソフトも同じくGNU GPLとします。なお、本ソフトを使用した際にお使いのPC等に何らかの不具合が生じても作者は責任を取りませんので自己責任にてお使い下さい。




<更新履歴>

version 0.2 (2011/09/25)
- (修正) SoundEngine、Audacity、Wavosaurの窓を特定する条件を緩めた

version 0.1 (2011/09/24)
- 公開

----

名前をつけてやる名前をつけてやる
(2008/12/17)
スピッツ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する