音楽とかソフトとか

昨晩でfransing本体の実装がWindows版、MacOS版いずれもほぼ終わりました。あとはREADME等のドキュメントを書いて完成です。

その前にまた寄り道してしまったのでまとめます。

「カットアップ(Wikipedia記事)」という制作技法があることを今年のビートニクスの新譜で知りました。既存の文や音を細かく裁断して並び替えて新しいものにするというやり方のようです。

fransingの動作テストをしているうちにリミックスに使えないかなと思い、このカットアップに相当するやり方でやってみました。

まず元波形として以下のものを使いました。朝音ボウの歌う「さくらさくら(古歌、BPM100)」です。

さくらさくら(歌:朝音ボウ) by nwp8861

次にテンポを400BPMに上げ4分音符をずらっと並べたust(歌詞は何でも良い)を作ってfransingで裁断しました。その際、fransingで指定する4つの数値パラメータをすべて0にセットします(参考:現行fransingのGUI)。これで音符の位置ぴったりにwavが切り出されます。また今回はボーカルwavではなくボーカルとオケの混じったwavを裁断してみました。

あとはDAW上で適当にwavファイルを並び替えてリミックスオケを作りました。以下が完成品です。

さくらさくら(fransing remix) by nwp8861

なお、ドラム、元のボーカルのみwav、各種VSTeも使用しました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する