音楽とかソフトとか

今月は2曲スケッチを打ち込みました。

https://soundcloud.com/nwp8861/instrumental



以下とりとめもなく。

長い事amazonを利用してきたのですが、最近ヨドバシカメラに乗り換えようかなと思っています。amazonは品数が豊富でしたが、ヨドバシも同程度に良さそうで(いつの間にかCDや書籍も扱うようになっていました)、しかもポイントの付き方が客を捕らえる感じです。買いたいものでググるとamazonの方が上に表示されるのでついそっちに行きがちな自分がいますが、しばらく心にヨドバシを留めておきたいと思う次第です。

そんなamazonで伊福部昭先生のムック本を買いました。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978338/

上野耕路、あがた森魚といった名前があったので買いまして、まだ数人分しか読んでいませんが大変に面白い感じです。上野さんのインタビューでは、知らない用語が多いのですが、その全然知らない感じを楽しむ感じであります。

そうそう。「十音音階」という言葉が挙がっていてググろうとしたら「じゅうお」と入れた所で「重音テト」がトップに出てきたりしました。「かさね」だと出ないのに。

伊福部先生の曲を少し聴くようになったのですが、学も無く感覚で述べると、ポップスよりも自由な感じがします。展開や音色の手数が多いというのか。ポップスは繰り返しで作られている感じですが、一方伊福部楽曲はとても美味しいフレーズを1回しか使わなかったり(2回目は変奏になってたり)する気がします。そのためもう一回聴きたくなります。あと何拍子なのか分からないけど気持ち良い感じになっていたり。これに慣れるとポップスの繰り返しは退屈になるかもなあと思います。


ここまで書いて、冒頭のスケッチと並べる話題ではなかったかも…と気づきましたがそれはそれで。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する