音楽とかソフトとか

シン・ゴジラを見てきました。気分転換くらいのつもりで行きましたが大変良かったです。どの辺がどう、と書くとネタバレになりますので控えますが(ご覧になった方は少なからずネタバレしないよう配慮されていることが多い様子です)、内容も音楽も大満足でした。

私は過去のゴジラ作品、特に「ゴジラvs○○」といった趣向の作品についてはプロレス感やドンパチ大好き感についていけず、音楽は良いのになあと思いながら距離をおいていました。初代ゴジラについては好きでした。その点シン・ゴジラはそんな類の人間でも納得しやすい作りになっていました。そして音楽については、あるシーンでの曲と内容にぐっときて「やられた!」という感じです。

感想代わりという訳でもありませんが、伊福部昭「SF交響ファンタジー第1番」の2台ピアノ版(編曲:石丸基司。楽譜入手元:こちら)を子供と弾いたものを上げました。鍵盤が2台必要でそうそう弾けるものではありませんが、ピアノの先生のご厚意で弾かせて頂きました。実力不足や子供の指の大きさの関係で結構弾き間違えていたり簡略化したりしています。きちんとした演奏を一度聴いてみたいのですが、なかなか見つかりません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する