音楽とかソフトとか

桃音モモ新音源が公開されたので早速いただきました。ファイル数にびっくりです。必ずしもUTAUに限らず、もっと一般的な声素材提供を想定されてらっしゃるのかなと思いました。これだけデータが充実していれば利用の方法は他にも考えられそうなので。何はともあれおつかれさまでした。ありがたく使わせていただきます。

使う側としては、ひとまずUTAUでこの膨大なデータをどう使っていけば良いかなぁと考えたくなったので雑多なメモを書いておきます。

<当面の問題>

・原音調整が大変

 a) 曲を作る際に、設定の必要になった音に対してその都度設定するのが現実的?
 b) やっぱり自動化ができると楽。OREMOの次はこれ?とか言ってみたい。
  →でもとりあえず今月は実装する時間を取れなさそう。

・現状のUTAUでは、原音ファイルが2000を超えると正しく原音設定できないっぽい。
  →いずれバージョンアップで対応されるんじゃないかと思います。
   強、弱といった件で、ファイル数が増えることは想定されているだろうと思います。

<当面の対策?>

思いつきのかなりアドホックな内容です。ベストな解ではないだろうと思いますが、一応考えたので備忘録程度に書きます。半自動化が前提です。

1) とりあえず、他のボイスライブラリを使ってustファイルを作って保存する。(手動)

2) その曲専用の原音フォルダAを作る。(自動)

3) ustファイルのLyric=とNoteNum=を参照し、対応するwavファイルをフォルダAにコピー。(自動)

4) oto.iniを参照し、該当する音の項目のみを抜き出したoto.iniを作成(2000超えてないならそのままコピーしてもいけるかもしれませんが) (自動)

5) ustファイルの書き換え(自動)
  ・VoiceDir=をフォルダAにする
  ・Lyric=を書き換える(oto.iniのエイリアスやprefix.mapでも対応できそうですが)

6) 合成音を聴き、原音調整する(手動)

7) 原音調整結果を本来の原音フォルダのoto.iniに反映させる。(自動)

こんな感じでしょうか。うーん。。ちょっとややこしい。。

2)~5)は1つのスクリプトで自動化できます。プラグインにするよりも単体で様子を見ながら動かすプログラムにした方が良いかなぁと思います。基本的に1曲で1回しか実行しないはずなので。

7)はまた別のスクリプトとして準備。


とりあえず今思いつくのはこれくらいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する