音楽とかソフトとか

お待たせしていた「耳のあるロボットの唄」のカラオケ化についてのご報告です。

3月16日にテト関係者の方々とエクシング社の方々とで重音テトの名称使用について話し合いをしていただきました。

その結果、現状ではクリプトン社との権利関係の問題が明らかになっておらず、重音テト名義を使ったカラオケ化を実現するにはさらに相当な時間を要するだろう、とのご意見を頂きました。一方で、私の個人名義を使うのであればすぐに投票可能な状態に移れるとのことでした。

私としましては、歌詞の意図、動画を上げてからカラオケ化の話が出るまでの経緯、重音テト自身が持つ経緯の関係性などについて個人的な思い入れもあり、重音テトの名義を使うことができればと思い今回のご検討をお願いしましたが、当初ここまで難しい問題であるとは理解できておりませんでした。認識不足だったと反省しております。

今回のカラオケ化の話が出て約半年が経っております。現時点で重音テトの名称使用が不可能と決まったわけではありませんが、時間的な問題を考慮しまして、今回は私の個人名義(耳ロボP)でカラオケ化を進めていただくことをエクシング社、テト関係者の方々にお願いいたしました。

テト名義でのカラオケを期待していた方には大変申し訳ない結果を選択いたしましたが、今回のタイミングでは課題の多い状況であったことをご理解いただければ幸いです。

なお、権利関係についてはテト有志の方々で現在も議論されているようですので、いずれ変化があるかもしれません。またエクシング社からは、権利関係がクリアになり重音テトの名称を使用できるようになった段階でキョクナビ、JOYSOUND.comの検索で、「重音テト」で検索可能にすることをご検討いただけるとのお話をいただいております。

(追記)
今は手続き中ですので、投票可能な状態になりましたらまた書きます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する